あいうえおかあちゃん 育児日記

関東で働く、一児の母です。初めての子育てで思ったことや感じたことをマイペースに更新しています。

【第8話】Instagramマママウンティング合戦

児童ホームに行こうと思って、娘を抱っこしたら、気持ち良くなったのか、寝落ちした〜〜

 

もう娘が産まれて7ヶ月かぁ。本当にあっという間だわ、人生ってこうやって過ぎて行くのかな。娘が産まれるちょっと前、産休に入ったタイミングで娘用インスタアカウントを開設したのも、それくらい前だわ。最近は月齢フォトすら「時間があるときにしよ…」ってなっている。私はインスタよりもTwitterの方が性に合っているわけだね、これは〜。

 

まぁ、もうひとつインスタがちょっと苦手な理由があるんだけど…。

 

最初は全く気付かなかったし、ベビー成長用アカウントなんて見たこともなかったから、知らなかったんだけど、ママ垢同士で「モニターモデル」なるものを巡ってマウンティングが繰り広げられているのを目にしてしまったんですよ、わたし。

 

「この度、◯◯さんのモニターモデルになりました!」という投稿に対して「初めまして!うちの子は◯◯の専属です。良かったら仲良くして下さい♡」というリプライ…。まぁ、もしかしたら普通の会話なのかもしれないけれど、ひねくれている私は「おぉ。子どもを使ってまでもマウンティングが存在するんか…」となってしまった。こういうやり取りをSNS上でもやるなんて、まっぴらごめん。精神衛生上良くないわ〜ということで、距離を置きながら適度な感じでしか更新しないズボラかあちゃんになっています。

 

これから、成長する子どもたちはデジタルネイティブで、SNSを使うのなんて当たり前なわけだし、この先もっと高度なナニモノかが誕生するかもしれない。そんな中で実生活でもデジタル上でも自己肯定感を高めながら生きていくためには、どうすれば良いんだろうね。未来は分からないからこそ、楽しみが待っている!と思えるけれど、子どもができてすこしの「不安」も覚えるようになっているよ〜。

【第7話】まかせて!の魔法

今週、娘が主食として食べている7倍粥は夫が作った離乳食。炊事・家事に関してもそうだけれど、育児に関しても「自分事」として一緒に取り組む夫は素敵なパートナーだよ!

 

お粥に関しては「かあちゃんがいない時に分からない・出来ないじゃ困っちゃうでしょ?」とのこと。夫にとっては、「母が出来るのに父は出来ない」という事案がイヤなんだと思う。良い意味での父としてのプライドなんだろうな。

 

そんな夫にこの間、娘のことで「◯◯をしておいて!」とお願いをしたら、「まかせて!」と返事が返ってきた。いつもなら、「OK!」とか「わかった〜」なんだけど、この「まかせて」という言葉が何だか、すごく良いなと思った。夫のことが、とてもとても頼もしく思えた魔法の言葉。

 

世の中のお父さんたち、育児のことを奥さんに頼まれた時に「まかせて!」というと株が上がると思います…笑

【第6話】娘の\\こてん//が好き

生後7ヶ月がすぎた娘。あんなに必死で支えていたちっちゃな頭は、ずいぶんと大きくなって、今ではしっかりと首が座りました。支えすぎて、一時期、腱鞘炎になりかけたのが懐かしい…笑(これ第一子乳児期あるあるじゃない?)

 

そんな娘だけれど、たまに抱っこorおんぶをしていると\\こてん//と首すわり前の赤ちゃんのような仕草をしてくる。普段はあっちをキョロキョロ、こっちをキョロキョロしているんだけど、「ちょっと休憩〜」とか「わたし、眠くなってきたわよ〜」ってタイミングで。

 

頭を母の胸にあずけて\\こてん//。すごく愛おしいし、よしよしってしたくなる。あぁ、かあちゃん、あなたの\\こてん//が大好きだよ。

【第5話】ベビー用おもちゃは○○製がBEST!

娘、ずり這いができるようになりました!興味がある物とかお気に入りのおもちゃを見つけると、ズンズン前進してくる。ムチムチボディーをよくもまぁ、軽々と操れるものだね〜笑

 

うちには娘用のおもちゃがいくつかあって(だいたいお祝いで頂いたもの)、娘の「おともだち」と呼んでいるんだけど、これね、娘がベロベロ舐めたり、ガシガシかじるようになって気づいたんですよ。おともだち(おもちゃ)は、○○製が良いってことに。

 

一応、1日の終わりに夫と私とで娘のおともだちをキレイキレイする訳ですね。毎日。地味な作業だけれど、毎日となると意外と面倒…。マジで\\手軽・簡単/ /が1番!そんな時に最も厄介なのが…布製・娘のよだれベロベロおもちゃ です。離乳食が始まって、よだれもしっかりよだれらしくなったから、拭くだけではちょっとね…。やさしく洗って、しっかり水を切って、形崩れしないように干ーーーーす!えーーーーー、洗濯物より、大変なんですけど!?しかも、おともだち何人いるのかな?あ、今日は3名様ですね、1日娘の相手をありがとうございます!!!!!てな感じ。ブルブル震える人形系おもちゃは水で壊れない様に細心の注意を払わないといけないし…。

 

ただ、そんな中で優等生のおともだちがいるんですね。名前はソフィー

f:id:aiueokachan:20200903121108j:plain
天然ゴム製・食料塗料だから口に入れても安心だし、ふわっとシナモンの様なやわらかな香りもする。

 

何より、キレイキレイ作業がめっちゃ楽!!!!!!

しかも、娘もお気に入り!!!!

最強か!!!!

 

ただ、こちらのおともだち3,000円するんですね。デパートのベビー用品に鎮座しているのを見た時は「あんまり可愛くないし、高いし、誰が買うんだろう。」なんて思っていたよ、かあちゃんは。ごめんね、ソフィー。そして、贈ってくれたかあちゃんの友達、ありがとう。「贈り物は相手が〈気にはなるけれど、結局、自分では買わないもの〉を贈ると◎!」だね、本当に(昔、恋愛本か何かで見た…笑)!

 

娘が興味を持つもの・持ちそうなものは積極的に提供したいなと思うんだけど、かあちゃん的には全部天然ゴム製・キレイキレイ簡単おもちゃ希望です。ちなみに次のおともだちは、リモコンの予定。ボタンを押すと音を出してくれるらしい!あと、ここ数日、電気コードにもすごい興味深々だから、電気コードっぽいオススメおもちゃがあったら、教えて欲しいです〜!

 

 

【第4話】娘が「おなかの風邪」になった話

5月中旬、ちょっと前の話。娘、お腹がゆるくなってしまった。

 


大人なら、自分の体調がわかるけど、赤ちゃんの体調の変化って、当たり前だけれど、親が読み取ってあげないといけない。

 


ウンチの回数が明らかに多くなっている。ちょっと色も気になる。母子手帳のウンチカードをチェックして、これはどうしたものかと迷った。初めてのことで、これがどういう症状かもわからない。ただ、娘はケロッとしていて、熱があるわけでも、不機嫌なわけでもない。ただ、やっぱりウンチはいつもと違う…。

 


自己判断じゃダメだなと思った、かあちゃんととうちゃん。ただ、土曜日の夜。かかりつけのお医者さんは月曜日から。小児救急に診てもらった方が良いのかな…?どの選択がベストかよくわからなかった。

 


そんなときに、携帯に登録しておいた、娘用TELリストを見返した。我が家が住んでいる自治体には、「◯◯市救急ダイヤル」というフリーダイヤルが設置されていて、ベビーの体調の相談にも乗ってくれる。

 

 

 

「今こそ、ここに電話!!!!」

 

 

 

電話をかけると女性の方が応対してくれた。落ち着いて、娘の体調を聞いてくれて、こちらの質問にも丁寧に答えてくれた。「赤ちゃんのご機嫌が悪くないなら、様子を見てみて下さい。ウンチの写真も撮っておくと、かかりつけ医にも相談しやすいと思います。」とのことだった。

 


こうやって、相談に乗ってもらえるだけでかなり心強い!!!!しかも、フリーダイヤル!!!!ありがたや!!!!

 


#8000もアリだけれど、症状に合わせた、地域の救急病院も紹介してくれるし、自治体のサポートがあるなら、そこも使えると良いと思った。ちなみに現在在住の自治体は予防接種・ロタウィルスの助成金も設定されていて、無料!(結構、こういう市町村あるのかな?)

 


自分が住む場所は自分が好きなところ〜って感覚だったけれど、娘が産まれてから、こういう自治体のサービス・サポート・子育てのしやすさをチェックすることも大切だなぁ…と思ったりしている、かあちゃんです。住民税、子育て世帯に還元してもらいたいしね…!

 


(子育てにオススメの地域があったら、ぜひ教えて下さい!できれば、関東圏で〜)

 

 

週明けに、娘、かかりつけ医に診てもらって、体調回復しました。

 

 

ちょっと前の話だけれど、夏になって毎日暑くて熱中症の危険があるなぁ〜と思い、備忘録としてブログにも書いておこうと思った次第です。健康第一で過ごしたいものだー!

【第3話】とれない鼻クソと消えないスネ毛

今日は本当にどうでも良い話です。すみません。お時間がある方だけでお願いします…。

タイトルにある通り、鼻クソ(以下:お花ちゃん)とスネ毛の話なのですが、この2つがエンドレスなんです、というブログです。前者は娘、後者は夫案件です。

 

まず朝、娘の顔を拭くところから。そうするとお花ちゃんがさっそくヒラヒラ〜♪「はいはい〜、今日もおはようさん。」とルーティンのごとく赤ちゃん綿棒を取りに行く。娘の鼻の形状からか、結構奥までよく見える…笑(娘よ、ごめん)ちょいちょいっと綿棒を巧みに使い、お花ちゃんGET!最近は、鼻をホジホジされるのが嫌みたいで「やめてっ!」って感じで手をピシピシと出してくる娘なのだけれど、かあちゃんとしてはちゃんと取ってあげたいんだよなぁ。一応、女の子だしね。(見えると取りたくなりません?)まぁ、こんな感じで朝からお花ちゃんとこんにちはする訳なんだけど、1日1回こんにちはではなく、娘の顔を見ると「よっ!」って感じで、またお花ちゃんがいるの。

 なんでぇぇぇぇぇええええ!!!!取れればまだ良し。取れないお花ちゃんも多数。これが問題なのよね。見えてるのに取れない。取れそうなのに届かない。あぁ、娘のお鼻よ。お花ちゃんよ。人間て、こんなに鼻クソが出るものなんですね。育児をして初めて知りましたよ〜。と思っていたら、夫が一言。

 

「○○(娘)は、床に近いところで生活しているから、より鼻くそがたまるんじゃないかな?」

 

 

えーーー!そういうこと?そういうことなんですかっ!?

結構、頑張って掃除機をかけたり、コロコロしたりしているんだけどなぁ。まだ足りない?まだ、足りないんですか?ていうか、あなたのスネ毛、いつもすごい落ちているんですよ?知ってます?(夫は掃除機&コロコロをやるので、もちろんスネ毛を認識はしてます…笑)コロナの影響で現在も在宅勤務継続中の夫。週の半分は在宅だから、いつも以上にお毛様が…。マジでエンドレス・スネ毛!!!!!!!見つけてはコロコロ、娘をおんぶしながらコロコロ、あれ?1日中コロコロしてるのかな?

 

娘のためにも、夫のスネ毛対策としても、そろそろルンバを買った方が良いですかね?

【第2話】パーマをかけておいて良かった話

妊娠前にしておいて良かったなぁ〜と思うこと、きっと人それぞれあると思うけれど、私の場合、「あ〜、これやっておいて正解だったわ。」と思ったことは、【パーマをかけておいたこと】だな。

パーマをかけた時は、自分の気分でかけただけなんだけど、娘が産まれてからは、このパーマのおかげでかなり楽だし、時短!スーパーに買い出しに行くとき、ちょっとお散歩に行くとき、寝起きのままの髪にシュッシュっとスプレーをして、ワックスをクシュクシュっとするだけで、カタチになる優秀な髪型。最高!!!!

赤ちゃんて、待っててくれないじゃないですか。自分の身なりに時間をかけている場合じゃないじゃないですか。

でも、やっぱりどこかに「オシャレしたい自分」はいるわけで…。そんな自分にはピッタリだった、パーマ様!髪は伸びてしまっているけれど、毛先に残っているパーマだけでも、十分。

産前最後に行った美容室で担当してくれた美容師さん、1歳半のママさんだったのですが、髪型相談に乗ってくれて大助かりだったな〜。やっぱり、経験って大事だ。